投稿日:

田舎暮らしのために自動車の売却をする

今の仕事をずっと続けていくのか、いつまで仕事をしながら生活していくのか。
年を取るたびによく考えるようになった。
年金暮らしになるまでにお金を貯めて、田舎で田んぼをしながら生活したいな、と若いときから妻と話していた。
スローライフというものに憧れていた。
定年退職の日、いろいろ悩んでいたが、無事にこの日を迎えられたことに感謝をした。
寂しがってくれる後輩たちがいることがなによりも誇りだった。
そして、家に帰ると妻がごちそうを用意してくれていて、子供たちや孫からプレゼントがあった。
「来月から妻と田舎暮らしをする!」とお祝いの途中で言うと、みんなはかなり驚いていた。
しかし、夢を叶えるときがきたと思っていたのだ。
苦労をたくさんするかもしれないが、のんびりいきたいのだ。
妻も「そのために、小さい田んぼを自分で作って練習していた」と笑顔でいった。
田舎暮らしのために、今の自動車を売却して軽トラックを買うことにした。
そのために手続きもし始めて、田舎もめぼしいところはみつけていた。
自動車を意外と高く売却できて、資金として貯金した。
「これから楽しみがいっぱいだな」と妻と話をした。